鎌倉の日帰り温泉ならここ

温泉大好きのヒロシです。

私は東京を拠点にあっちこっちに出歩いています。

今日はまず鎌倉編といきます。

私の住んでいる吉祥寺からは、鎌倉は余裕で日帰りでます。

今日帰り温泉がちょっとしたブームなんですよね。

例えば鎌倉日帰り温泉で検索すると結構おススメのホームページが出てくるんですよね。

私の思い出は、元カノとの温泉旅行です。

しっぽり出来て近場で行くには鎌倉の温泉は丁度いいんですよね。

夏の海水浴をいいですし、秋の紅葉もいいですよね。そのあとの温泉は最高ですね。

文豪が泊まった宿も結構あるんですよ。

例えば
鶴巻温泉 元湯陣屋

ここは失われつつある日本の自然が、現在も美しく息づいています。
豊かな樹木、広大な竹林、天然の起伏を巧みに生かした庭園を擁す鶴巻温泉 元湯陣屋。一歩足を踏み入れれば、そこはもう、別天地。静寂の中に聞こえるのは清らかに流れるせせらぎ、踏みしめる玉砂利の音。春には、満開の桜が館をかざり、夏は緑の高貴な香りが漂う。そして秋は紅葉と虫の音。また、雪景色を赤々と染める夕焼けの冬。ここは失われつつある日本の自然が美しく息づいています。

温泉・お風呂
神奈川県で飲泉の許可を得た源泉第一号健康的な肌に欠かせないカルシウムを皮膚から直接吸収し、引き締めによるハリ・美肌にも効果があるとされています。 刺激が少なく、さっぱりとした柔らかいお湯は、カルシウムとナトリウムの2つの成分があることで科学的には、石鹸で洗い流した様な効果があるといわれています。

露天風呂付き 貴賓室
深い緑に包まれた陣屋の一万坪の森の中に点在する二十の客室。
それぞれの部屋には、「桐壺」「若紫」など源氏物語に出てくる人物の名がつけられています。
大正期より増改築を重ねて今の姿にいたるため、建てられた年代がすこしずつ違うことも陣屋が長い時間を経て、変遷してきた証です。
春には満開の桜が窓一面に広がったり、秋には目の覚めるような紅葉が見えたり、お部屋によって、景色はそれぞれ異なります。
夜になると深い緑の森に篝火が灯され、風情ある静寂の時をお過ごし頂けます。

※貴賓室は本館の純和風タイプと、離れ別館の和洋室タイプがございます。部屋タイプご指定の場合はご予約前にお問い合わせ下さいませ。

なんて、もう最高ですよね。

まぁちょっと値段が張りますが、スペシャルな日には持って来いですよね。

是非利用したい温泉です。

お金がないから泊まりでなく、日帰り温泉でもいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です